> 以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2014年 11月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2015年12月後半
さて、本年ラストスパートの作業はひたすら同じ作業の繰り返しです。

e0117288_20343842.jpg
まず103号に厚付パテをタップリ2回塗り

e0117288_20351510.jpg
さらに薄付パテを2回塗り

e0117288_20353743.jpg
んでもってサーフェーサーです。遠目には・・・うん


e0117288_203664.jpg

ホジ3号は運転台の一部塗装を行いました。末期には緑に塗られていましたが、もともとはクリームというか赤茶色というか、昔の地方私鉄で見られたような色なのですが、ちょっと明るすぎたかな

e0117288_20392329.jpg
Hゴムはカッピカピ、窓枠はグッスグスの側窓も外していきます。さらに窓回りの腐食も気になるところです。区画ごとに順番に進めていきます。効率は良くないですが。

e0117288_2040354.jpg
外しました。

e0117288_20413256.jpg
Hゴム周辺の腐食状況。この程度のうちに手が付けられてよかったです。

e0117288_2042678.jpg
が、やはり木製窓枠の周辺は腐食が激しく、本当は側板も取り替えたいところ。

e0117288_2042473.jpg
とりあえずケレン後、さび転換。


e0117288_20432482.jpg
夕やみ迫る中、ここでタイムアップ。冬至を過ぎて、少し日が長くなってきましたが、まだ落ち着いて片付けができる程度ですね。

と、なんとも中途半端な状態で年越しとなりました。

それではみなさん、よいお年を。
[PR]
by shimoden2000 | 2015-12-31 20:46 | 通常活動
2015年12月前半
12月前半の作業はホジ3が中心です。


e0117288_21352284.jpg
薄付けパテで仕上げの整形

e0117288_21355455.jpg
研ぎだしていきますが、これがまた果てしない・・・

e0117288_21363647.jpg
パテの吸い止めと凹凸の確認を兼ねて、サーフェーサーを塗っていきます。そんなことする前からダメダメなのはわかっているのですが、まぁ多少の凹凸は大目に見てください。じゃないと終わりません

・・・にしてもひどい

e0117288_21414011.jpg
やり直し

e0117288_2142338.jpg
再度サーフェーサーを塗って、600番のペーパーで研ぎだしていきます。

さて、上塗りに入ります。まず地色から

e0117288_2142404.jpg
二回塗りで深みのある黄色になりました

黄色?
まだ顔しかできていません。ここから順次側面をしていきます。
[PR]
by shimoden2000 | 2015-12-22 21:48 | 通常活動
2015年11月後半
なかなか時間もさけませんので、お顔のメイクアップは11月中の目途とはならず。

e0117288_2157735.jpg
ホジ3号の切り継ぎ部はFRP処理の上、ファイバーパテを先行で塗りつけていきます。カーボンファイバー入りで、主剤は黒ごまソフトのような質感ですが、黄色い硬化剤を混ぜると抹茶のような色合いになります。この繊維質な色合いが、繊維で強化されてる感があって安心?それにしても固いパテで、練るのも大変です。

e0117288_21595057.jpg
軽く研いだ後、さらに厚付け用のパテを塗っていきます。こちらはファイバーパテよりも練りやすいです。

e0117288_2205284.jpg
反対側の側面はこんな感じです。

e0117288_2213756.jpg
まずは肉盛りということで、研げば当然、えぐられたような凹みがでてくるので、2回目のパテで整形していきます。

e0117288_2224217.jpg
103号もまずはFRP処理。

e0117288_223460.jpg
で、同様にファイバーパテを塗っていきます。

ここまででパテを合計7kg消化。プラスチック製車輌ですな。

e0117288_22114330.jpg
一方、悩みの種のクハ5号の屋根は、新たな問題。垂木が補修ではどうにもならないほど腐食している。垂木の新製について心当たりを当たってみても、首を縦には振ってもらえません。代替手段の設計に入りましょう。ハナからその方が望ましいとは思っていたのですが、あわよくばと考えたのが甘かった

e0117288_22142971.jpg
昭和40年代まで使用が確認されていたピット。当時撤去されたのだろうと思っていたところ、6~7年ほど前、仮線敷設の際に偶然発掘され、邪魔だということで埋め戻され、今再び発掘されています。安全な部分のみを掘り返して展示していくことにします。
[PR]
by shimoden2000 | 2015-12-08 22:05 | 通常活動