> 以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2014年 11月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
> 下津井駅車輌移設について
 平素は私どもの活動についてご理解、ご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。
さて、先般発表されました下津井電鉄旧下津井駅に保存されておりますクハ24、ホカフ9号の移設に関しまして、会としての見解を申し上げます。
私どもは、鉄道の保存を通じて児島地区から風の道、下津井地区一帯、鷲羽山にいたる観光ルート形成の一翼を担い、地域を活性化することを目標の一つとしています。この目標を達成し、さらに拡大するためには、観光産業のプロである下電ホテル様との連携は不可欠と考えています。
長年手がけた車輌が離れる寂しさはあるものの、大局的、長期的観点に立てば、今回の移設は大きな前進であると考えています。また、下津井電鉄株式会社様に於かれましては、これまでも私どもの活動にご理解、ご協力いただき、自由に活動できる環境を用意していただきました。さらに、この度の車輌移設につきましても、私どもの所有物でないにも関わらず、事前に打診してくださるなどのご配慮をいただいており、深く感謝いたしております。
 
 なお、下電ホテル様との今後の協力体制につきましては、車輌搬出に伴う車輌側の準備、車輌移設後の補修に関する技術的助言、情報提供、運用に関する提案等を通じて、車輌の維持活用に協力してまいります。一方で、今後のイベント等につきましても、協同していくことで合意しております。

最後になりますが、下電ホテル様の提唱される「記憶の保存」は、私どもが考える活動指針の一つでもあり、同じ理念をお持ちである下電ホテル様とは固い協力関係を築いていけるものと信じております。
[PR]
by shimoden2000 | 2017-01-22 13:00 | お知らせ