> 以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2014年 11月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
> 6月の活動1
更新がまた滞っておりました。申し訳ありません。

活動はコツコツと進んでおります。

モハ103号、クハ24は応急で補修したものの、もとより腐食が激しく、大手術中なのは先般よりお伝えした通りです。
こちらの手術も少しずつですが進んでおります。

e0117288_21333426.jpg

切り取りに治具を作ってみましたが・・・
結局はこんな取ってつけたようなものよりも、ちゃんとケガいて、細心の注意を払いながら、繊細かつ大胆に切断する方が早いという結論です。

e0117288_21353570.jpg

そこに切り出した2.3mm厚の鋼板を溶接していきます。2.3mmとあなどるなかれ。これまた手間です。
中古のシャーリングマシンとかプラズマ切断機とか、そんなものがあれば早いなぁ・・・

というわけで、今後は切り継ぎ用の鋼板は原板を購入するのではなく、寸法を標準化して外注にする予定。ですが、まずは在庫の処理ですね。

e0117288_21382441.jpg

あとはうちの標準仕様、下塗りはさび転換&コーティングができる「レノバコンク」です。
下地処理さえ適切なら、これだけでも半年は持ちます。刷毛の手入れは水で済むので、ちょこちょこ処理していくのに重宝。ある程度面積がまとまったところでさび止めを塗っていきます。
刷毛は水で手入れできて、油性塗料を上から塗れるというのはありがたいですね。
[PR]
by shimoden2000 | 2015-06-23 21:43 | 通常活動